盗作?カメラを止めるな!に原作者がいた

監督・俳優養成所のワークショップから生まれた映画「カメラを止めるな!」


【カメラを止めるな! [Blu-ray&DVD] 2018年12月5日販売開始】

インディーズ映画としては異例の大ヒットを記録していて、製作費300万円に対して興行収入10億円を超えるんじゃないかと言われてます。

が、この「カメラを止めるな!」に原作があったという物言いが《原作者》から出てます。

今週発売の週刊フラッシュにも、その原作者がインタビューに答えてますがネットにも記事を書いてますね。

>>映画「カメラを止めるな!」について

かつては劇団を主宰していて、その中で書いた「GHOST IN THE BOX!」という作品が原作で、「カメラを止めるな!」はその脚本の盗作だとのこと。

「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督は、映画化を打診していたようですが、あまりコミュニケーションがうまく取れてなかった上、時間が経っていたのが意見の食い違いなのかもしれない。

映画は面白いし認める。感謝もしてる。

だけど、元ネタは自分の脚本だということを認めて欲しいということ。

映画の制作側にどういう反論があるか分からないけど、原作を参考にしてたとすればその気持ちも分かるなぁ・・

追記:「カメラを止めるな!」はネット配信で動画視聴できます。
⇒ 配信サイトはこちら