クイーンの来日公演決定!日程とボーカルは?

日本で「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒットしたおかげで、今年の北米ツアーの後に日本公演が決定したとのこと!

日程は、来年2020年の
・1月25、26日:さいたまスーパーアリーナ
・1月28日:大阪・京セラドーム
・1月30日:ナゴヤドーム
で、3都市公演。

年明けだから、今のクイーン熱は少し冷めてそう・・
今年の年末くらいだったら盛り上がりそうでしたけどね〜ちょっと残念。

「クイーン」といっても、オリジナルメンバーはギターのブライアン・メイとドラムのロジャー・テイラーの2人。

フレディ・マーキュリーが亡くなってからボーカルはゲスト参加のような形になってるんですよね。

ライブの時、今メインでボーカルをしているのが、アダム・ランバードです。

バンド名も「クイーン+アダム・ランバート」

これまでにこのバンドで日本公演もしてます。

ぱっと見、ワム!のジョージ・マイケルに似てる?!

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のおかげで新しいクイーンのファンも増えてるでしょうから、全然雰囲気が違うライブになるのかもしれません。

このアダム・ランバードは、フレディの歌い方に変に似せてないのが良かったそうです。
聴いてみてもフレディのパフォーマンスとは別物ですね。

ただ《ゲイ》であるという点が同じ。そうだよねって感じ。

オリジナルメンバーのベース、ジョン・ディーコンはボーカルにフレディがいないクイーンは、考えられないといって引退することになったようですが、確かにそう。

「ボヘミアン・ラプソディ」の映画も良いけど、やっぱりフレディがいるクイーンのライブが最高です。


ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム


もうエネルギーがすごい。

映画の中で好きなシーンはこちら!