大恋愛〜僕を忘れる君と 尚と真司のキスシーン

今期のドラマの中でも群を抜いて面白いのがTBSドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」です!

面白いというと語弊があるストーリではあるんですが、、
戸田恵梨香演じるアルツハイマー病にかかった女医、尚。
ムロツヨシ演じる売れない作家→ベストセラー作家、真司。

この2人の2ショットでのやり取りがホント楽しいです。

インタビューでも言ってましたが、半分くらいはアドリブも入ってるらしい。

台本にあるセリフを言った後は、その雰囲気でしばらくアドリブで演技を続けたり、展開を膨らませたりとカメラを止めずに撮影されるそうです。

真司がキスしようとしたら尚が空手チョップで止めたシーンなんかもアドリブだそう!


大恋愛~僕を忘れる君と(上) 脚本:大石静

脚本ではどうなってるのか照らし合わせてみたい

それを聞いてからこのシーンってアドリブ進行なんだろうなぁ〜と想像しながら見るのも楽しみになりました。

主にキスシーンですが(・∀・)

第6話の後半で、尚が大学で講演をする原稿を書いてた時のシーンが最高です。

===

(第6話のキスシーン)

ー パソコンに向かって書いてる尚の後ろから画面を覗き込む真司。

ー 恥ずかしいから見ないで、という尚。

真司「みんなの前でしゃべるんだろ?」

尚「そうだけどぉ〜」

ー 尚、後ろを振り返りながら

「ちゅっ♡」

===

このくだりを2回半リピートw

そして、この空気感は絶対アドリブ!

こういうのたまりませんね。笑

この2人芝居は、やってる方もホント楽しんだろうなぁ〜

演技とプライベート感が半々な気がするんだけど・・w

ストーリーの深刻度が増していくに比例して、2人のラブリー度も増していくというこの悲喜こもごも。

この「大恋愛〜僕を忘れる君と」は間違いなく名作ドラマになるの間違いないですね!

TVerとParaviで見逃し視聴ができます。

キスシーンだけ見ても見応え充分です?!