中学聖日記 ドラマの感想

有村架純主演のTBSドラマ「中学聖日記」が始まった。

中学生男子と先生の禁断のラブストーリーということで、いまの時代にチャレンジングな内容だなぁ〜と思ってました。

でもきっとこういうドラマは視聴率を獲るんだろう、、
と、フタを開けたところ。

初回平均視聴率が、なんと6.0%!

低すぎ・・。

とはいえ、自分だってリアルタイムで見てなくてTVerで見たので、そんな人も多いのかもしれないw

だけど。

「おもしろくない」とか「つまらない」「気持ち悪い」なんていう感想が多い中、
意外と見てみたら面白かったですよ!

禁断のラブストーリーという設定がマルかバツかは分からないけど、なんといっても役者さんたちの演技が良いです。

主役の有村架純も芯がしっかりした女性に見える。
有村架純の顔だけで画面がもつので、良い女優さんになったなぁ〜

そして脇でドラマのスパイスになっている、キャリアウーマン役の吉田羊。
教頭先生役の夏木マリ。

クセの強い役がピッタリハマってます。

中学生役の新人・岡田健史くんは、どう見ても中学生に見えないけどw
これは本当に中学生くらいの年齢の男の子を出したら、逆に問題になりそうなので良しとするところ。

第1話の視聴率は振るわなかったけど、ちょっと今後に期待!

できればあんまりドロドロしないで欲しいなぁ・・

こういうストーリーは原作のマンガで読んだほうが面白いのかも。
「U-NEXT」でコミックスの立ち読みができます。